スーパーサンデーフェスタ リザルト

10540784_581035588690820_5659133662606205459_n.jpg

SST Ninjaクラス(CBR250カップと混走)
   予選:コースレコード更新し1位
   決勝:総合1位、クラス1位
20140928spa 020
(注)尚の妹ではありませんww

3時間耐久レース(OP1クラス)  森豊喜・羽田野孟志・尚樹の3名によるBMW S1000RRの乗り継ぎ
   予選1位
   決勝:総合1位、クラス1位
20140928spa 024

各レースとも安定した走りで僅差ながら優勝することができました。お手伝い応援いただきましたみなさんありがとうございました。


20140928spa 007

20140928spa 019

20140928spa 009
なんと尚樹が予選走行中にシフトペダルが折れるアクシデントが!サンタ社長に治してもらい、なんとか決勝に間に合いました。

20140928spa 022
MZのK-1のフロントはワイヤーが出てしまいました。最終走者の森くんは怖かったでしょう・・・

250予選結果
250決勝結果

3時間耐久予選結果
3時間耐久決勝結果 なんと2位のNo97とは僅か3秒差!

夏大会の様子 レインタイヤの段取りが悪く、ピレリロッソⅡで走ってます(笑)
耐久祭の様子(250)

1655898_579647505496467_1995821155985889785_n.jpg
photo by A.Uchikawa
スポンサーサイト

ZX10Rのサスペンション (スパ直入編)

middle_1411306736.jpg
photo by K.Nakatani

9/28に開催されるスーパーサンデーフェスタ3時間耐久の練習にZX10Rを使ってますが、直入でも悲鳴を上げそうなZX6Rのフロントサスペンション(中身標準品)と違って10Rのモノは余裕綽々って感じで全く不都合がありません。
ただ、リヤのオーリンズTTX標準の110Nバネではかなりストロークしておりもう少しバネレートを上げるべきでしょうね。
それから、純正のブレーキシステムでは直入では大丈夫ですが、大きいコースで我先にコーナーに飛び込むならば完全に容量不足でしょう。パットをいいものに替えると良くなるのでしょうか?次回はジクーでも試してレポートします。

同時開催の250ccのスプリント(SST Ninjaクラス)も走りますが、順調に仕上がっております。
このクラスはCBR250カップと混走で、20台弱の参加台数が予想され、強豪実力派ライダー揃いです。抜きどころの少ない難しいSpa直入、少しでもいい記録、そしていい成績でゴールして欲しいですね。
1411548118423.jpg
今年初の晴天レースになりそうですので、楽しみです!

6R VS 10R (スパ直入)

10rspa.jpg

久しぶりに10Rに乗せてみました。600用の中古タイヤでタイムは46.169がベストでしたが、最高速はな・なんと222.7km/hをマーク!ブレーキが効かないと言ってましたが、6Rより10km/h以上速いし、重いし、600と同じようなブレーキですからそりゃそうでしょう
そしてロガー上で6Rと並べてみましたが、ここでは600のほうがタイムが出そうですね。
これはこれでいい実験ができました。さて、来週はスパ直入の3時間耐久レースです。森くん、羽田野くん、尚樹の3名でBMW S1000RRを乗り継いでゼッケン同様の1位を目指します。

photo by K.Nakatani
10666110_1531570190388012_5255551394964522850_n.jpg

ZX6R サスセッテイング その後  そしてその他

矢渡先生の指導のもと純正BPFフォークのセッティングはある程度決まりましたが、車体姿勢の関係でもうこれ以上はボク的に無理かな。。。
そこでサンタさんにOHをお願いしてたオーリンズカートリッジですが、(詳しくは書きませんが)笑えるような問題があり、それを対策して取り付けてみました。APでテストできるといいのですがなかなか走行枠がなく直入でセッティングをしています。前タイヤからの情報を頼りに基本的なSETは出たと思います。9/27、直入3耐の前日になりますがAPで問題ないことを確認したいと思います。

middle_1410755760.jpg
photo by Nakatani

タイヤの状態にあまり関係なく、600では45秒前半はいけてます。
また、9/28のスーパーサンデーフェスタ・250ccのスプリントレースにはNinja250で出ますが、SSTの仕様で47秒に入る勢いです。
また、同日開催の3時間耐久には森豊喜くんのBMW S1000RRに第3ライダーとして乗らせていただきますが、45秒台で走れてます。
20140914spatime.jpg
選手権で勝てるレベルには程遠いですが、頑張って練習しボチボチ進化しているようです。

こちらは、タイヤ交換の特訓中、まだまだ(笑)
10690236_715876638492339_2120410872940422570_n.jpg

BMW S1000RR 速いよ~
10708480_307259809466673_2027625843_n.jpg

森くん、今日は乗せてもらってありがとう
10427213_715876655159004_130289693962844576_n.jpg

さて、紅一点九州ロードレース選手権を走る中谷真季さん、ボクは同じ競技をする中で男とか女とか言うつもりはありませんが、3時間耐久を走るのに手に豆を作りながら真剣に走りこむ姿には感動しますね!
負けず嫌いの頑張り屋さんです
middle_1410755766.jpg
中谷真季さんのブログ
中谷さんのCBR600RR車載カメラ映像(Spa直入)

当日、そして最終戦は雨が降らないことを祈るばかりです(笑)

ZX6R サスセッテイングが決まりつつあります

6Rでドライコンディションのオートポリスを走るのは実は初めてなような
試行錯誤であれこれやりながらドライで58~59秒のタイムが出るようになると、CBRではなることのことのなかった酷いアブれが出るようになってきました。それから切り返しでの前のリフトアップ。高速コーナーでのフロント切れ込み。
titre.jpg
まず、ライダーが安心して運転できるようにとお隣ピットの矢渡先生にアドバイスをいただきながら、前タイヤからの情報を頼りに車体姿勢を決めていきました。
①フロントフォークの突出し量=0mm、イニシャル、COMP=固める(残ストが10mmしかなくブレーキングで底付いてる可能性があるため)、TEN=特に問題ないので触らない
②リヤサス長さ=純正品と同じく336mmにしたいけど、オーリンズは341mm設定で調整しても337mmまでにしかならないので最短にする。更にサス上部の2mm4mm厚のスペーサーを外ずし、標準車の1mm3mmリヤ下げの姿勢とした。イニシャル15回転、COMP=触らない、TEN=若干のフワフワ感を消すために固める。バネは95N。
ちなみにFサスは純正品のスプリングと油面のみ変更したもの、リヤはオーリンズTTX-GP KA336

これで走り、タイムは1′57″800と一昨年までの国内コースレコードとほぼ同等で、本人のベストと0.4秒差です。慣れないマシンで初ドライながらこれなら上出来な気がする。
タイヤのアブれが若干見られるもののほぼ解消され、もう少し詰めたかったが、時間切れにつき、次回に持ち越し。
次回は、リヤのイニシャルを15回転から緩めて(オーリンズ標準は12回転であり、乗車時のサグは29mm)さらに後ろ下がりの姿勢を作り、こうすると切り返し等でフロントアップの現象が出るはずなので、COMPを固めながら最適位置を探ろうと思います。

エンジンがお疲れなのか、燃調がイマイチなのか不明ですが最高速が250km/h程度しか出ておらず直線番長6Rの良さが出せてません。
サスの次はパワーを求め勉強は続くのだ・・・しかし、本当にいい勉強になります、このマシンは(笑)

サンタバイクさんにお願いしている車両もほぼ完成しましたので、10月末の最終戦に備え準備を整えたいと思います

あっ、バイクのセッテイングは乗り方により千差万別ですので、それぞれでご苦労されてくださいww

2014鈴鹿4Hour
DSC_5501_201408141131526e9.jpg





今週練習予定

9/6(土曜日) オートポリス
9/7(日曜日) 土曜日の状況次第でオートポリス

リヤサスを新調しましたので、これでセッティングを決めます。

フロント:純正BPFフォーク改、リヤ:オーリンズTTX-GP KA336ですが、これでピシャッと決まりCBR並みに走れないとボク個人レベルでは限界となりお手上げになります(笑)

脚が決まってしまえば、サンタバイクさんで作ってもらってる車両に移植するだけですので、楽しみが増えるんですが・・・

1080846_1494829554086421_219571368_n.jpg
プロフィール

清末尚樹の父

Author:清末尚樹の父
大分高等学校(自動車科)3年生・清末尚樹のロードレース挑戦日記(ST600クラス:Kawasaki ZX-6R)、全日本ロードレース選手権を上位目指し走ります!
所属:RS-ITOH RACING TEAM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR