九州ロードレース選手権 第2戦(オートポリス)結果

59907_298122126985116_1798795700_n.jpg

決勝レース結果
総合では15位(23台中)
国内ライセンスでは7位(12台中)

全国的にみても13歳でロードレース、それも地方とはいえ600ccで選手権に出ている少年はまれではなかろうか!無謀と思う向きも多かろうが、参加資格はあるのだから、最大限に訓練し安全に配慮して、「やれることをやれるときにやる」ということで、挑戦してきました。
岩田くんもJSB1000に初挑戦です。お互いベストを尽くしましょう
CA3cvI0486.jpg

前日の雨が残り、予選タイムアタックはWETコンディションで行われました。
しかしながら、600のレインタイヤは当然初めてでタイムが出ずに早々にPitIN、2:12.591のタイムで23名中20番手
P1030218.jpg
決勝レースはこの位置からスタートしました。右手前方にはフィービーの蒲谷先輩のチームが見えます(遠っ)
P1030222.jpg
417960_370501373067582_1481791946_n.jpg

先頭は遠いが
P1030225.jpg
後ろにはほとんどいないぞ
P1030224.jpg
10周のレースが無事に終わり、N600(国内ライセンス)12台中7位という結果でした。
P1030219.jpg
いろいろと言い訳がありますが、それを克服しながら一つ一つ上にあげていきたいと思います。
本日お手伝いいだきました、SPA直入でいつも一緒に練習してる皆さん、ありがとうございました。

P1030226.jpg

moblog_0f81e468.jpg
支えてくれるは、先般の直入レースの優勝者 羽田野くん
moblog_cf2e67f7.jpg
サンタバイク社長のブログ より拝借

528200_298122046985124_1644169714_n.jpg

301959_298122230318439_246680737_n.jpg

20819_298122186985110_1955082462_n.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

オソザキ先生

先生、いつもありがとうございます。
直入のレースと違って選手権は周囲がみんなライバルなのでしょう、サスガに雰囲気が殺気立ってましたね。特に先日は天候がむちゃくちゃ難しいコンディションでしたので尚更でした。
しかし本人はいたって冷静にレース運びができたようです。
マシンも蒲ちゃんが乗ってたままの状態でセッティングも何もできてなくて(>_<)。。。その辺も改良しながら一つ一つ上を目指していきます。
あくまでも勉強安全最優先でやっていきますので、今後ともご指導賜りますようお願いいたします。
地元大分県の最年少選手権ライダー、勉強もレースもがんばりますv-218

No title

尚はえらい。おいちゃんは・・むげねぇっち時々思うんやけど・・えらい。
プロフィール

清末尚樹の父

Author:清末尚樹の父
大分高等学校(自動車科)3年生・清末尚樹のロードレース挑戦日記(ST600クラス:Kawasaki ZX-6R)、全日本ロードレース選手権を上位目指し走ります!
所属:RS-ITOH RACING TEAM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR