半年ぶりのHSR九州

先ずは、コースに向かう途中でみかける先の地震による家屋の倒壊や損傷、瓦屋根のほとんどがダメになっていて防水のためブルーシートをかけています。夏が終わると台風のシーズンですが修繕に携わる職人さんの不足は明らかであり費用もかかるでしょう、復旧への道のりは厳しいと思います。コース付近はR57寸断により混雑していて普段より大分から30分時間を要しました。従来の生活に戻るにはまだまだ時間がかかりそうですが、どうかいち早い生活の安定をお祈りするばかりです。

さて、HSR九州ですが、S造のピットに被害があったんでしょう、それは解体されており走行者は仮設テントピットでの走行段取りになります。舗装は完全に修復されており、一部ゼブラ関係が未完成でしょうか?でも走行にはほぼ支障のない状態でした。感謝!
13876191_985986348185924_7727851938527643202_n.jpg

昨年の九州選手権・ピレリカップを走り、今年の2月に来て以来の走行でしたが、路面の状態がGood過ぎるハイグリップ(笑) ST600上級ライダーが運転すればBSタイヤで2秒台は間違いないでしょうね~!

今年このコースを走る機会はないと思いますが、いい練習ができました。

次は、岡山選手権、全日本のいい足掛かりとなるようガンバろー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

清末尚樹の父

Author:清末尚樹の父
大分高等学校(自動車科)3年生・清末尚樹のロードレース挑戦日記(ST600クラス:Kawasaki ZX-6R)、全日本ロードレース選手権を上位目指し走ります!
所属:RS-ITOH RACING TEAM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR