Ducati 1199 パニガーレ 感想 (スパ直入編)

1199パニガーレの試乗会に行ってきました。素人なりの感想ですので、あまり参考にはならないと思いますが、目安程度で読んでください。
moblog_9e53b3fa.jpg

車体:前モデルのしなるフレームと違い、普通の国産と同じくガチッとした感じ。国産SSと違和感なし。小さいくて軽い。
ポジション:短足のボクでは両足は届かない。ケツ上がりで、ステップが低く、コーナリング時に外足がステップから浮く。ステップがツルツル滑る。つま先を路面で擦る。ハンドルが広く遠い感じで外側の腕に違和感あり、少し絞りたい。巾が細く、国産600cc並みのコンパクトさである。
エンジン:2気筒のギクシャク感は全くなし(コンピューターがうまくセッティングされている)。11000RPMまでストレスなしに回る。でも4気筒のキーンと回る感じはなく、あくまでもドカドカである。
コーナリング:ノーマルの状態でも良く曲がる。特にヘアピンで実感できる。
ブレーキ:直入では関係ない。
トラコン:介入の具合がわからないほど優秀である。倒していても安心して全開にしていける。全くスライドしない。
サス:後ろは特に違和感なし。前が堅く高い感じ。もう少し入るようにしたい。
お久しぶりのボクが運転してもこのタイム。ファイナルと足を詰め、歯を食いしばれば47秒が出そうな気がする。
このファイナルでは、2速でガーガー走るより、3速で静かに走ったほうがタイムが出る。少しショート気味、2と3の中間のファイナルがあれば、直入ではなお良いでしょう。

ボク的にはS(上級)モデルは必要なし。

街乗りの方は、前モデルのスロットルパーシャル域でのギクシャク感は全くなく、非常に乗りやすいし、目立ち度No.1! 是非、高級Sモデルでカッ飛びツーリングを楽しんでほしいですね。ただし燃費は解りませんが、小さいタンクでは不安かも。
CA1MUD93.jpg

国産1000みたいに暴力的な加速感がなく、優しい特性ですよ
401563_271817386269494_843857043_n.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

清末尚樹の父

Author:清末尚樹の父
大分高等学校(自動車科)3年生・清末尚樹のロードレース挑戦日記(ST600クラス:Kawasaki ZX-6R)、全日本ロードレース選手権を上位目指し走ります!
所属:RS-ITOH RACING TEAM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR