転倒の傷(心の)は引きずらない

岩戸君のお母さんがいつも言ってた「コケた後も必ず走らせなさい」
そうさせたかったが昨日は修理に時間がかかり、気温も低かったという理由でHSRを退散
本日きのうの続き
尚とruka、コース攻略のミーティング中 決してスマホでゲームしているわけではありません
528889_287253884734686_678560484_n.jpg
CBR600Rで47.724
Ninja250Rで49.302
まったく問題ありません
379701_3154771419ll03518_1587397427_n.jpg

ただ、残念ながらPタイヤが600でもダメ、チギれちゃいました 250はDタイヤを使ってます。

CBR250はNnja250より不利だなんて言わせないrukaの気迫の走り
IMG_33a55.jpg
九州ロードレース選手権最終戦の様子
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

オソザキ先生

いつもお世話になります。なんの競技もそうですが、やはり幼少からさせると違いますよね!

No title

恐るべき子供達ですv-12

千切れるタイヤ

Dは千切れたりしませんが、Pは路面温度が低い(外気温5度以下)とボロボロにちぎれます。空気圧を調整しても状況は変わらずコケはしませんがバンクさせたまま滑りっぱなしで走ってます。この時期にこのタイムで直入を走れるCBR250もNinja250もそう多くはいないと思いますよv-218 そのうち1コーナーはドリフトしながら入っていくようになるでしょう。
ちなみに路面の新旧は関係ないです。ではまた!

No title

相変わらず二人とも素晴らしい走りですね!
タイヤが千切れるのは、路面温度が低いからですか?それとも路面が新しくなったからでしょうか。

自分にはそんなタイヤが千切れるほど過激な走りはできませんが(笑)
プロフィール

清末尚樹の父

Author:清末尚樹の父
大分高等学校(自動車科)3年生・清末尚樹のロードレース挑戦日記(ST600クラス:Kawasaki ZX-6R)、全日本ロードレース選手権を上位目指し走ります!
所属:RS-ITOH RACING TEAM

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR